商業利用向けに転身を図る3DRに期待

ドローン御三家のひとつ米3DR(3DRobotics)が生き残りをかけ空撮、コンシューマー向けから商業利用向けへ転身する動きが確かになってきた。
米ドローンメーカー大手の3D Roboticsがレイオフを実施、今後は商業マーケットに注力へ  DRONE BORG 2016/3/28
先ごろ、レイオフを発表しリストラの最中にあることが明らかになったが、既にCADシステム大手オートデスク社とドローンによる測量・3Dデータ作成でアライアンスを組んでおり、またGoPro社(3DRのカメラはGoProを利用していたが、当のGoPro社も去年不振が明らかになって、起死回生の策として自社ドローン「カルマ」を今年にも出すことになった)との蜜月が終わって搭載カメラをどうするか問題もソニーと組むことで解決。

3D RoboticsSolo商業利用化に向けAutodesk及びSonyと提携 DRONE PRO NEWS 2016-03-22

特にオートデスク社は日本にもユーザーが多く、現状のPix4Dだけの市場が活性化し「i-Construction」も一気に進んでいくのではないだろうか。

3D Roboticsとオートデスク、ドローンによる3Dデータ作成で協力——国交省のi-Constructionを支援 fabcross 2016/03/17 08:00

一方、気がかりなのは3DRの代理店が芝本産業の子会社日本ニューホランド株式会社のみというところだ。販社が少なく値段が高額だとどうしてもコンシューマーユーザーは手が出ない。裾野のユーザー数拡大は大切なのでがんばってもらいたい。
3DRは既に機体で大きな利益を期待しないで、その上に載る自動操縦や測量に関するアプリやクラウドサービスなどの課金で安定的な利益を目指すのだろう。この方式ならば趣味ユーザーも手を出しやすくなる。またデータの蓄積にともなってユーザーロイヤリティも向上し、確固たる基盤を築くことができるだろう。
現状DJIがマーケットリーダー且つプライスリーダーとして市場を寡占しているがそれではつまらない。僕としてもDJI以外の機種も触ってみたいので日本での3DRの展開には大いに期待している。

【訪問】いつ発売になるんだ!? 3DR Soloを日本の代理店に突撃!DRATION[ドレーション]2016.03.19

 

Follow me!